【くら寿司店長】焼身自殺を選んだ理由が判明!上司のパワハラが原因で炎上

トレンド

2022年4月20日、山梨県甲府市にある回転寿司チェーン店「くら寿司」の駐車場で、社員が自殺したニュースが報道され、Twitterを中心に話題となっています。

報道によると、店の駐車場で、車の中で焼身自殺をしたと発表されています。

Twitter上では、この「焼身自殺」が何を意味するのかについて様々な意見が寄せられていました。

焼死は、死因の中でも辛いとされており、今回の事件であえて「焼身自殺」を選んだ被害者は相当辛かったのではないかという意見が寄せられていました。

そこでこの記事では、くら寿司店長が「焼身自殺」を選んだ理由についてまとめてみました。

【くら寿司店長】焼身自殺を選んだ理由が判明は?

「完全自殺マニュアル」によると、焼身自殺は、自殺方法のなかでもトップクラスに苦しい死に方として記されていました。

なぜ被害者は、あえて苦しむような「焼身自殺」を選んだのでしょうか。

調べたところ、真相については現在調査中で詳しくは発表されていませんでした。

恐らくですが、被害者にとって職場でかなり辛い状況に追い込まれるほどの苦痛を受けてきた可能性が考えられます。

中には、「何かメッセージを残したかったのではないか」という意見もありました。

人に見られる駐車場での出来事だったということで、被害者の方は何か世間に訴えたかったのではないかと思います。

【くら寿司店長】焼身自殺の原因は上司のパワハラ

報道によると、原因は「上司のパワハラ」ではないかと言われています。

これについてくら寿司は、「パワハラの事実はない」と回答しているようです。

Twitter上では、こんな事件が起きているのに会社側としてこういう意見はあり得ないとの声もありました。

まとめ

この記事では、【くら寿司店長】焼身自殺を選んだ理由についてまとめてみました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました