【真犯人フラグ】真帆と二宮が占いに行く仲になった理由は?ネタバレあり

ドラマ

2022年3月13日にドラマ「真犯人フラグ」の最終回が放送されました。

2021年10月から始まったこのドラマは、2クールの期間放送され最終回をもって真犯人が分かり終わりを迎えました。

SNS上では、半年間続いた炊飯器失踪事件が終わってしまうことに悲しみや寂しさの声が寄せられています。

しかし、最終回を見た方はこんな疑問の声も多く寄せられていました。

最終回では、「二宮が姉が殺されるきっかけになった真帆と何故一緒に占いに行くほどの仲になったのか」

という部分が明かされませんでした。

視聴者は2人の関係がいまいちつながらず、もやもやしてい様子の意見が多数見受けられました。

そこでこの記事では、【真犯人フラグ】の真帆と二宮が占いに行く仲になった理由についてまとめてみました。

放送を見て気になった方は是非最後まで読んでみてください。

【真犯人フラグ】真帆と二宮が占いに行く仲になった理由は?

真帆と二宮の関係について調べた結果、答えは「19話」にありました。

19話で川村が調べた記録によると二宮は「真帆が働いていたスーパーの常連」だったと言っていました。

しかし、普通ただのスーパーの常連というだけだったら占いに一緒に行くほど仲良くなったりしませんよね。

おそらくですが、二宮が自分の姉と交際している林の不倫相手である真帆のことをどこかで知り、二宮自らがよく行くスーパーの店員だった真帆に近づき一緒に占いに行く仲にまで漕ぎ着けたのではないかと思います。

そのほかにも、細かいところで本編では明かされていない内容が多数あり、本当の真実に関してはHuluで配信されている「週刊追及プレミアム」で謎が明かされているようです。

真犯人フラグを隈無く楽しみたい方はそちらもチェックしてみるとスッキリするかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

この記事では、【真犯人フラグ】の真帆と二宮が占いに行く仲になった理由についてまとめてみました。

最終回をみて気になった方の参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

別の記事で続編についてまとめているので気になる方はチェックしてみてください。

【真犯人フラグ】映画の公開日はいつ?Huluで続編も?

真犯人フラグはHuluで見逃し配信を行なっています。

もう一度見たいかはぜひチェックしてみてください。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました