ドラマ【アバランチ】の原作は? 脚本家やあらすじ感想まとめ

ドラマ

2021年10月18日よりスタートした俳優の綾野剛さん主演のドラマ「アバランチ」が話題となっています。

ドラマ「アバランチ」は、予告を見た方は分かると思いますが非常に謎が多いドラマとなっているようで、予告を見ただけではどんな内容の物語なのかさっぱりわかりません。

ただ一つ言えるのは、主演の綾野剛さんを始め、千葉雄大さんや渡部篤郎さんなどキャスト陣がとても豪華だということぐらいです。

10月18日に第一話を放送したばかりですが、既に様々な感想やドラマに対する意見がSNSを中心に寄せられているようです。

そこでこの記事では、ドラマ「アバランチ」の原作となったストーリーや、脚本家は誰なのか?

ドラマの感想などをまとめてみました。

これからドラマ「アバランチ」を見ようか迷っている方や、原作のストーリーが気になった方は是非最後まで読んでみてください。

アバランチの見逃し配信はこちら(初回2週間無料)

それではドラマのあらすじなども紹介しながらまとめていきたいと思います。

ドラマ【アバランチ】のあらすじは?

ドラマ「アバランチ」のあらすじを簡単に紹介していきます。

「東京の新たな大規模都市開発プロジェクトのリーダーが謎の失踪」。そんなニュースが報じられる中、警視庁捜査一課から左遷された西城英輔(福士蒼汰)は、誰も寄り付かない地下室に設けられた新たな配属先を訪れる。「特別犯罪対策企画室」と記された扉の先にいたのは、室長・山守美智代(木村佳乃)ただ一人。ここで自分は何の仕事をするのか? 状況が飲み込めない西城は山守に命じられるまま、とある雑居ビルまで山守を車で送り届ける。

山守から車での待機を命じられたものの、興味本位でビルのエントランスまで出てきた西城は、郵便ボックスに記された見慣れないマークを見つけた矢先、羽生誠一(綾野剛)から声をかけられる。初対面のはずなのに西城の素性や経歴を知り尽くした羽生は、薄気味悪さを感じる西城を尻目にビルの階段を上っていった。

その後、ビルの一室に集結した山守、羽生、牧原大志(千葉雄大)、明石リナ(高橋メアリージュン)、打本鉄治(田中要次)の5人。「みんなそろったわね。では始めましょうか」。モニターに映し出されたのは、例の失踪事件のニュース。山守の一声で始動したアバランチが起こす行動とは——?

公式HPより

物語の舞台となるのは、「警察の裏組織」。

主演の綾野剛さんをはじめ、他のメンバーは「訳ありの元刑事」「自衛官」「天才ハッカー」など、表立って活躍することのできない裏組織の人間たちが集められたメンバー構成になっているようです。

そしてメインとなるのは「東京の新たな大規模都市開発プロジェクトのリーダーが謎の失踪」というフレーズから、闇組織の黒幕を捕まえる為、警察の裏組織の人間が動き出すミステリー小説のようなストーリーとなっているようです。

ドラマ【アバランチ】の原作は?

ドラマ「アバランチ」には原作となるストーリーがあるのでしょうか?

調べてみたところ原作になる漫画や小説はなく、完全オリジナルストーリーだということがわかりました。

ドラマ【アバランチ】脚本家は誰?

ドラマ「アバランチ」には原作が無く完全オリジナルのストーリーということで、ストーリーを書いている脚本家は一体誰なのでしょうか。

公式HPなどを調べてみたところ、脚本家に関する記載がなく、情報は発表されていませんでした。

ドラマとしてはここまで発表されていないのはとても珍しいですが、おそらく「アバランチ」の監督である藤井道人さんのオリジナルストーリーなのではないかと思います。

藤井さんは、脚本家としても有名で数々のヒット作を生み出してきました。

公式に発表されてはいませんが、おそらく「アバランチ」の脚本は「藤井道人」監督で間違いのではないでしょうか。

ドラマ【アバランチ】の感想は?

ドラマ「アバランチ」をみた人の感想をまとめてみました。

こちらは放送後に随時更新していきたいと思います。

ドラマ【アバランチ】は面白い

ドラマ【アバランチ】はつまらない

まとめ

いかがだったでしょうか。

そこでこの記事では、ドラマ「アバランチ」の原作となったストーリーや、脚本家は誰なのか?やドラマの感想などをまとめてみました。

予告などをみて、「アバランチ」の原作や脚本、ドラマの感想などが気になった方の参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは

アバランチの見逃し配信はこちら(初回2週間無料)

【2月の勝者】ドラマは面白い?中学受験生の親必見!感想まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました