今年のボジョレー・ヌーヴォー 解禁日はいつ!?

Bartender

皆さんは去年、ボジョレー・ヌーヴォーを飲みましたか?

最近ではテレビなどでも大きく取り上げられるようになったボジョレー・ヌーヴォーですが、正直私は今のバーテンダーという職につくまでその存在自体全く知りませんでした。笑

そこで今回の記事ではボジョレー・ヌーヴォーについて少し紹介していきたいと思います!

そもそもボジョレー・ヌーヴォーって?

“ボジョレー・ヌーヴォー”は、フランスのボジョレー地区でその年に収穫されたブドウを使った新酒のワインのことです。


毎年よくテレビなどで”ボジョレー解禁!”というニュースを見かけますが、あれは毎年11月の第3木曜日に全世界の人が一斉にボジョレー・ヌーヴォーを飲み始めることです!

元々は、フランスのボジョレー地区のブドウの収穫を祝うために作られていたそうです。

いわゆる収穫祭みたいなものですね!

収穫したばかりの新鮮なワインが飲めるということで評判を集め、後に隣の町にも広まりボジョレー地区以外でも飲まれるようになりました。

しかし、あまりに人気が出過ぎてしまい、未完成の品質の悪いワインまで流通する様になったそうです。

そこでフランス政府が、ボージョレー・ヌーヴォーの解禁日を作り、解禁日を迎えないとボジョレー・ヌーヴォーを売ってはいけませんよというルールを作りました。

そのルールのおかげで、品質の悪い未完成なワインが減り、良質なワインが市場に出回るようになりました。

そこからワイン業者が販売戦略の為に、解禁日をイベントとして確立させ、新酒として大々的に売り出すお祭りのような形になったそうです。

今ではテレビだけでなく全国でイベントが開かれたり、SNSでボジョレーパーティーをしてる写真などをたくさん見かけるようになりました。

最近は解禁日になるとスーパーやコンビニでも買えるほど手軽に手に入れることができます!

なぜ「11月の第三木曜日」が解禁日なの?

この解禁日と言われる11月の第三木曜日ですが、なぜこの日に決まったのでしょうか。

それにはいくつかの理由があります!

まず1つ目は、11月の第三木曜日はカトリックの祝日の一つである「聖人の日」に近いからなんです。

というのも実はこの解禁日、過去に二回解禁の日にちが変更になっているんです。

当初は、11月11日がボジョレー・ヌーヴォーの解禁日でした。この日はカトリックの祝日のひとつ「聖人の日」にあたるのでとても縁起が良いとされていました。

しかしそのあとこの日は「休戦記念日」という別の祝日になってしまいました。

これは困った。ということでその日から1番近い星人の日を探した時にちょうど11月15日に「聖タルベールの日」かあったので、この日を解禁日にすることにしました。

しかしここでまたもや問題が発生しました。

商人たちからもし、15日が土曜日や日曜日になったら大変だとという意見がでました。

その当時はフランスでは、土曜日や日曜日は定休日にしてお店を休む所がたくさんありました。定休日なので解禁日になっても販売することができないのです。

あれこれ考えた結果、解禁日は曜日を固定しよう!木曜日だったら定休日にもならないしいいよね!という話になり、ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日は毎年11月の第三木曜日に設定することにしたそうです。

商人たちの考えが詰まったのがこのボジョレー・ヌーヴォーの解禁日だったんですね!

そして、今年の解禁日は11月21日の木曜日です。

今となっては世界的に有名になったボジョレー・ヌーヴォー!

なんと日本では時差の関係で、ボジョレー・ヌーヴォーを飲む先進国の中では1番最初に飲むことができるんです!!

世界的なお祭りを1番乗りで迎えることができるのはなんだか嬉しいですよね!!

解禁日当日は売り切れ?どこで買える?

せっかく一番乗りで解禁日を迎えても、手元にワインがなかったら意味がないですよね。笑

解禁日当日は様々なメディアで取り上げられる為、毎年どこのお店でも売り切れ続出です。

メディアの効果ってすごいですよね笑

なのでお店で買うのではなくネットで注文する事をお勧めします!

インターネットでも売り切れる場合があるので早めの購入をおすすめします!

まとめ

今回はボジョレー・ヌーヴォーについて少し紹介してみました。

ラインナップも、ブドウのランクによって4種類ぐらいに分かれているので飲み比べしてみるのも楽しそうですね。

どのランクのボジョレー・ヌーヴォー味わいは、とても飲みやすくすっきりしてるので、食事とも一緒に楽しめると思います!

以上ボジョレー・ヌーヴォーの紹介でした!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました