【東京パラリンピック2020開会式】SMAPの登場時間が判明!再結成の可能性も?

東京五輪

2021年8月24日より開催される「東京パラリンピック2020」が開催されます。

当日は、オリンピック同様開会式が行われるとして、開会式セレモニーの演出としてSMAPが登場するのではないかと噂されています。

そこでこの記事では、東京パラリンピック開会式のSMAPが登場する時間や、このセレモニーをきっかけに再結成する可能性なども含めまとめてみました。

SMAPのファンの方はぜひ参考にしてみてください。

それでは早速まとめていきたいと思います。

【パラリンピック開会式】SMAPの登場時間は何時?

パラリンピック開会式セレモニーでSMAPは何時に登場するのでしょうか。

一番可能性のある時間帯として、開会式の演出が始まる21時〜23時の間で登場するのではないかと噂されています。

コロナ渦での開催のため、詳しい時間については発表されていませんが、オリンピック開会式セレモニーの演出を考慮すると、19時から開会式がはじまり、各国の選手入場、国歌の斉唱などがあり、セレモニーの演出が始まるのはだいたい21時頃からでした。

オリンピック同様のスケジュールでいくと、パフォーマンスが始まる21時〜23時で登場するのが濃厚なのではないかと思います。

パラリンピック開会式に出場でSMAP再結成の可能性はある?

パラリンピックでの特別演出としてSMAPが再結成されたとして、今後も復活し活動を続けていくというのは少し考え難いかも知れません。

というのも、SMAPメンバーは2016年に開催は発表し、その後は個別での活動をスタートさせています。

1日限りの限定復活!

などは全然あり得る話だと思いますが、長期的にと考えるとそれぞれのメンバーの仕事のスケジュール調整が難しいのではないかと思います。

よって以上のことより、再結成というのはあまり期待できないかもしれませんね。

まとめ

この記事では、東京パラリンピック開会式のSMAPが登場する時間や、このセレモニーをきっかけに再結成する可能性なども含めまとめてみました。

SMAPのファンの方や、開会式の演出が気になっている方の参考になれば嬉しいです。

別の記事で、パラリンピックについてまとめているのでよかったらそちらも読んでみてください。

【東京パラリンピック開会式】ドローンの飛行時間が判明!おすすめの観覧場所や飛行ルートも紹介

最後まで読んで頂きありがとうございました。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました