【アノニマス】意味や語源は?日本人メンバーはいる?

トレンド

2022年2月25日、ロシアが隣国ウクライナへ軍事侵攻を進め国際的批判が高まる中、国際ハッカー集団の「アノニマス」と名乗る集団がロシアに対する大規模なサイバー攻撃を仕掛けるとTwitter上で表明し話題となっています。

25日には、実際にロシアの国防省のサーバーがダウンしたとして、今後インターネット上でも紛争が起こる可能性が高まっているようです。

そこでこの記事では、国際ハッカー集団「アノニマス」の語源や意味、そしてメンバーに日本人はいるのかどうかをまとめてみました。

報道をみて「アノニマス」が気になっていた方は是非参考にしてみてください。

それでは早速まとめていきたいと思います。

【アノニマス】意味や語源は?

「アノニマス(Anonymas)」直訳すると英語で「匿名」という意味があります。

正体はもちろん、メンバーや活動拠点など一切情報がわからない集団です。

この匿名集団は、既にインターネット上では有名で、日本の企業や団体もサイバー攻撃を受けた過去があります。

また「アノニマス」は、インターネット上のさまざまな媒体で情報発信を行なっているようで、Twitterだけでなく、自身のYouTubeチャンネルも存在していて、自ら世界に向けて情報発信を行なっています。

「アノニマス」が行うサイバー攻撃の詳しいないようはこちらを参考にしてみてください。

【アノニマス】日本人メンバーはいる?

「アノニマス」には日本人のメンバーはいるのでしょうか。

残念ながら、メンバーについては一切情報が見当たりませんでした。

しかし過去に日本で「アノニマス」が現れたことがありました。

それは2012年に渋谷で行われた「第一回清掃オフ会」と言われるもので、やく50名のアノニマスのメンバーと見られる人たちが渋谷を清掃するというものでした。

これに対して、海外の「アノニマス」メンバーからは「日本人らしい」という賞賛の声が上がっていたようです。

このことから、「アノニマス」には日本人メンバーも何人か在籍しているのではないかと予想がつきます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

この記事では、国際ハッカー集団「アノニマス」の語源や意味、そしてメンバーに日本人はいるのかどうかをまとめてみました。

ニュースをみて気になった方の参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました