【おおかみこどもの雨と雪】誰も知らない驚愕の裏設定とは?

トレンド

2021年7月2日放送の金曜ロードショーで「おおかみこどもの雨と雪」が放送されました。

「おおかみこどもの雨と雪」は大人から子供まで楽しめる、切ない家族の絆を描いた物語です。

そんな誰もが楽しめる映画ですが、実はあまり知られていない驚愕の「裏設定」があることをご存知でしょうか?

そこでこの記事では映画「おおかみこどもの雨と雪」の驚愕の裏設定について詳しくまとめていきたいと思います。

この先の記事には映画のネタバレを含むため、内容を知りたくない方はこれ以上読み進めるのをご遠慮ください。

それでは早速みていきましょう。

「おおかみこどもの雨と雪」とは?

簡単に映画「おおかみこどもの雨と雪」のあらすじを紹介していきたいと思います。

この映画は、大ヒット映画「サマーウォーズ」「時をかける少女」などを手がけたアニメーション監督「細田守」の長編アニメーションの2作目になります。

人間と狼の間に生まれたふたりの姉弟と、残された母の間にある愛。「子育て」「親子」という、人生に関わるテーマを題材とした感動の物語です。

物語は、娘の雪が、母である花の半生を語る形で綴られる。

女子大学生の「花」は、教室で、ある男と出会い恋をする。彼は自分がニホンオオカミの末裔「おおかみおとこ」であることを告白するが、花はそれを受け入れ2人の子供を産んだ[注 1]。産まれた娘の「雪」と息子の「雨」は人間でありながらも、おおかみに変身できる「おおかみこども」であった。しかし雨の生後間もなく、突然「おおかみおとこ」は亡くなってしまう[注 2]。花は独力で「おおかみこども」としての育児に挑むが、まだ変身を自由にできず、周囲に迷惑をかけはじめたため、都会での育児を断念し、人里をはなれ、動物も多く、雨と雪が野性的になっても大丈夫という理由から田舎の古民家に移住する。

wikipedia

【おおかみこどもの雨と雪】誰も知らない驚愕の裏設定とは?

ここからは、映画「おおかみこどもの雨と雪」の裏設定について紹介していきます。

まずこの映画は「雪」が主観となって物語が展開されています。

そのため、「花」が話さなかったことについては劇中の中では明かされていません。

ということを踏まえた上で、裏設定のお話を紹介していきます。

花が彼と出会う前

花は父子家庭で育ちました。

そして受験をする年に父が病気で亡くなります。

父の看病と、父子家庭という環境、そんな先の見えない未来に嫌気がさしおおかみ男の「彼」との家庭を築く道を選んだのです。

花と彼の暮らしはどんな生活だった?

原作では花の妊娠中、彼が朝から晩まで必死に働く描写がありました。

そのおかげで貯金ができ、花は子育てに専念することができたのです。

彼が亡くなった理由については、原作でも明かされていませんでした。

劇中の雪も知らない様子だったので、「彼の死」については真相は闇の中ということになっています。

私の推測だと、花と子供のために必死に働きすぎて過労死してしまったのではないかと考えられます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

この記事では映画「おおかみこどもの雨と雪」の驚愕の裏設定について詳しくまとめてみました。

この裏設定を知って、映画の内容がより深くなりさらに楽しめるようになっていただけたら嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

別の記事で他の映画についても紹介しているのでよかったらそちらもチェックしてみてください。

【花束みたいな恋をした】話題の映画主題歌を徹底解説(エモすぎる歌詞に注目)

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました