バーテンダーにマッチングアプリは必要ない。接客のプロが教える相手を心地よくさせる気遣いとモテる秘訣

Bartender

こんにちはkoblogです。

突然ですが、彼氏にしてはいけない3Bという言葉は知っていますか?

この3Bとは、頭文字にBがつく職業です。

具体的にはこの3つの職業です。

  • バーテンダー
  • バンドマン
  • 美容師

この3つは、世間的に見て普通のサラリーマンより女性と接する機会が多い職業なので、女性に言い寄られる機会が増えてチャラいというイメージが付き、昔からからそう呼ばれています。

とはいえ、この3つの職業をしている人が全員モテているのか。というのは疑問なところだと思います。

実際どうなの?ほんとに言い寄られる事なんてあるの?

チャラいと思われるぐらい遊べるってほんと?

今までモテてこなかった世の中のメンズは正直かなり気になるところなんじゃ無いでしょうか?

はい。結論から言うと

結論

バーテンダーだからモテる!!

と言うことはありません。

実際、本当にモテるんだったら今すぐにでもその仕事したいんですけど。。。

って思いますよね。笑

とはいえ、普通のサラリーマンよりはお客さんを含めると出会いの数が多いのは確かです。

という事でこの記事では、現役バーテンダーの僕がバーテンダー目線彼氏にしてはいけない3Bの中のバーテンダーについてお話ししていきたいと思います。

それでは早速みていきましょう!

少しでもモテたい方は最後まで読んでみてください。

なぜバーテンダーはモテると言われているのか?

あなたはバーテンダーの仕事をご存知ですか?

バーテンダーはカッコよくシェーカーを振って、お洒落なお酒を作ってお客さんに提供する。

だけでは無いんです!

もっと重要な仕事があります。

 

それは接客です!

 

この接客こそが、バーテンダーがモテると言われている大きな要因です。

じゃあ、バーテンダーの接客とはどんなものなのでしょうか。

お客さんの好みを聞き出す質問能力

バーテンダーをしていると、毎日たくさんのお客さんがお店に訪れます。

有名店なら1日100人以上相手する場合もあります。

とは言え、お店に来るお客さんは全員がバーに行き慣れたお酒に詳しい人ばかりではありません。

会社の付き合いや、バーの雰囲気を楽しみに来る人、連れの女の子を落とすために酔わせに来ている人や悩みがあってお酒を飲んで忘れたい。。

と言う方まで、様々なお客さんがバーに足を運びます。

中にはお酒が得意ではないけど雰囲気だけ楽しみにきた!という人もいます。

そんな様々な用途で来ているお客さん一人一人にあった飲み物を提供するのもバーテンダーの仕事なんです。

ただ、バーテンダーも人間なので、人の顔を見ただけでどんなお酒が飲みたいかまで読み取るのは至難の技です。

そこで、言葉を使ってお客さんから上手に聞き出すのです。

中にはあまり喋りたくない人や、自分が何を飲みたいのかもあまりわからないような人もいるので、そういったお客さんにも心地よくバーを利用してもらうために上手に質問をしながら好みの一杯を提供するわけです。

心地よくお酒を飲んで貰うためのトーク力

あなたは一人でお酒を飲む事はありますか?

僕はよく一人でお酒を飲むのですが、いい感じに酔いが回ってくると、無性に誰かと喋りたくなったりした経験はありませんか?

お酒を飲むと普段あまり喋らない人でも気持ちが和らいで口数が増えることありますよね。

バーにもそういうお客さんがたくさんいらっしゃるので、そういった喋りたがりのお客さんの話し相手になる事もあります。

楽しい会話もあれば、ひたすら悩み事や周りの人の愚痴をこぼしている方もいます。

そういったお客さんが、上手に思っていることを話せるように上手く聞き出したり、聞き上手になってお客さんの話をたくさん聞いてあげるのもバーテンダーの仕事なのです。

レストランの接客と何が違うの?

話す時間の長さです。

レストランの接客は、注文を受けたり、料理の説明をしたりするのがほとんどです。

特にスタッフ側から話しかける事もないですし、用が無ければ客さんからは声をかけませんよね。

しかしバーでの接客は、お客さんと会話をしながらまるで一緒に飲んでいるかのような接客をします。

そうすると当然、注文以外のたわいもない話やプライベートの話までするので、気がつけば1時間もずっと話していた。なんて事もよくあります。

この仕事以外の会話もするのがバーテンダーの接客なのです。

町場のバーテンダーはモテる

バーには大きく分けて2つのお店があります。

駅前にあるようなお店は町場のバー、大きなホテルの中に入っているお店をホテルバーと呼ばれています。

それぞれのお店にはバーという同じくくりのお店ですが、内装も客層も、置いているお酒も全く違う雰囲気のお店です。

中でも町場のバーは、お店自体そこまで大きくないのでとてもアットホームで入りやすい雰囲気があります。

バーテンダーも近所に住んでいることが多いので、たまたま近くのスーパーでばったり会った。

なんて事もあるぐらいとてもお客さんとバーテンダーの距離が近いお店です。

なので自然とバーに行く回数が増えれば簡単にバーテンダーと仲良くなることが可能なのです。

バーテンダーも、お客さんと距離が詰めやすいので、たくさん友達が欲しい人やコミュニケーション能力を磨きたいという人は是非町場のバーで働いてみてください。

もし近所のバーに魅力的な方がいたら是非通い詰めて心の距離を縮めちゃいましょう!!

ホテルバーテンダーはモテない

町場のバーと正反対なお店の雰囲気があるのはホテルバーです。

高級感のある内装と、高級なウィスキーやブランデーがたくさん並んでいます。

町場のバーと比べると飲み物いっぱいあたりの値段もかなり高く設定されているので、お金に余裕がある時や、大事な記念日などに利用する人がほとんどです。

客層も、企業の社長や記念日利用のカップルがほとんどです。

バーテンダーも、そのホテルのイメージを崩さないために、きっちり身嗜みを整えて硬い接客をしています。

基本的に、ホテルのバーテンダーはお客さんとプライベートで会うのはNGとされているのでどんなに好みの人がお客さんで来ても手を出すことはありません。

そこがホテルバーの良い所でもあり悪い所でもあります。

ただ、高級感溢れる空間で、カッコよく振舞う姿はとても華やかに写るので、こういう仕事に興味がある人は是非ホテルバーを目指してみてください。

別の記事で、ホテルバーテンダーのなり方を紹介しているので、是非そちらも参考にしてみてください。

まとめ

今回は、実際バーテンダーが本当にモテるのかどうかをお話ししました。

結論から言うと、働くお店でかなり左右されてしまいますが接客が仕事のバーテンダーは、普通のサラリーマンよりも会話をするのは上手なのでとても魅力的に見えることが多いと思います。

出会いの数が多いと言うのもありますが、その分たくさんの人と会話をしているのでいろんな話ができるので楽しいと感じる人が多いみたいです。

あなたも、出会いに困っているなら是非バーで働いて魅力的な人になってみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

よかったらTwitterとInstagramのフォローもお願いします。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました