【MOTA(モータ)カーリース】評判は悪い?どんな人におすすめ?口コミやメリットデメリットを徹底解説

トレンド

この記事ではMOTA(モータ)カーリースについてまとめています。

 MOTA(モータ)カーリース評判良いみたいだけど、他のカーリースと比べてメリット、デメリットについてもっと詳しく知りたい。

カーリースを考えているんだけど、どこのサービスを利用しようか迷っている。

こんな悩みを抱えている方は参考にしてみてください。

2020年頃から、音楽や動画配信を中心に、月々の定額制で利用できる「サブスクリプションサービス」が普及し始めています。

車市場でも、今まで購入の選択肢しかなかったマイカーですが、月々の定額制で、しかもお得に車を利用できる「車のサブスク」が普及し始めています。

マイカーの購入となると、車両本体代だけで無く、税金、車検といった維持費やガソリン代などのランニングコストが発生します。

居住地が都心の方は、高額な駐車場代金を支払っている方も大勢います。

車は欲しいけど経済的に余裕がない。

こんな悩みを抱えている人でも「カーリース」はおすすめなサービスとなっているので、車の購入を考えている方も是非参考にしてみてください。

カーリースとは

カーリースのサービスがいまいち理解できていない方に向けて、簡単にカーリースについて解説しておきます。

カーリースとは、あなたが乗りたい車を企業が代わりに購入し、設定した契約期間貸し出すいわば車のサブスクリプションサービスです。

契約期間満了後は、車を返却、もしくは買取りするなど利用する企業によって様々です。

利用料金は月々の定額制で、車を維持すると発生する税金や車検代金などの維持費も全て利用料金に含まれています。

よって、あなたが支払う料金は月々の利用料金とガソリン代や駐車場代金のみとなります。

月々の利用料金次第ではマイカーを購入するよりずっとお得に新車に乗れるサービスです。

【MOTA(モータ)カーリース】とは?

「MOTA(モータ)カーリース」は、株式会社MOTA(モータ)が運営しているカーリースです。

MOTAはカーリースサービスの他に、車の情報メディアも運営している車に特化した会社です。

【MOTA(モータ)カーリース】の契約期間や月々の利用料金などを下にまとめてみました。

詳しく知りたい方は是非最後まで読んでみてください。

【MOTA(モータ)カーリース】月々の利用料金はいくら?頭金はある?

【MOTA(モータ)カーリース】の料金形態についてまとめてみました。

カーリースでは、基本的にどこのサービスでも車ごとに契約料金が異なります。

【MOTA(モータ)カーリース】では、契約年数と車種によっては月額8000円前後の価格で新車をカーリースすることができます。

頭金に関しては、無くても契約することが可能です。

詳しい料金概要は以下を参考にしてみてください。

契約期間や、オプションについては下にまとめてみました。

契約期間を何年にするか、メンテナンスオプションはどれを選択するかによって、月々の利用料金が大きく変わってくるのでカーリースを契約する時の重要なポイントの一つでもあります。

  • 契約期間:5年、7年、11年
  • メンテナンスオプション:延長保証、アクセサリーパック、メンテナンスパック

2つのオプションからメンテナンスサービスを付けることができます。

車を所有すると、税金や車検、任意保険の他にも、エンジンオイル、ワイパーブレードなどの消耗品も交換していかなければなりません。

一つ一つの出費は小さいかもしれませんが、積み重なると地味に痛いですよね。

メンテナンスサービスをつけると、上記のような消耗品の交換も月々料金に組み込むことができるので、車に関する費用を管理しやすくなるメリットがあります。

【MOTA(モータ)カーリース】どんな車に乗れるの?

国内で販売されている全てのブランドを契約することができます。

トヨタのLEXUSも対応しています。

残念ながら輸入車に関しては取り扱いがありません。

国産車以外でカーリースを考えている方はこちらを参考にしてすみてください。

【MOTA(モータ)カーリース】こんな人におすすめ!メリットやデメリットを紹介

【MOTA(モータ)カーリース】はどんな人におすすめなのでしょうか。

メリットやデメリットを交えながら解説していきます。

【MOTA(モータ)カーリース】メリット

他社のカーリースと比べて「MOTA(モータ)カーリース」にはどんなメリットがあるのかまとめてみました。

  • 修理費用の請求がない
  • 走行距離の制限がない
  • 契約期間満了後は車が必ずもらえる
  • 納車が早い
  • リース契約中でも車をカスタムできる

一つずつ解説していきます。

修理費用の請求がない

他社カーリースだと、契約期間中に車をぶつけてしまったり、傷をつけてしまった場合、契約終了時に修理費用を請求されます。

これは残価設定と言って、車を返却することを前提に契約終了時に車を査定してその金額分のキャッシュバックを想定して月々の利用料金を決めるシステムです。

しかし、「MOTA(モータ)カーリース」では、リース契約終了時に車がもらえるので、残価設定をする必要がなく、契約期間中に車に傷をつけてしまっても修理費用を請求される心配はありません。

走行距離の制限がない

他社カーリースでは、年間の走行距離を設けてそれ以上走行した場合は追加料金の支払い制度を設けているところがほとんどです。

しかし「MOTA(モータ)カーリース」では走行距離の制限がありません。

走行距離を気にせず、まるで自分の車のように利用できるのです。

他社のカーリースで走行距離の制限がネックになっていた方は「MOTA(モータ)カーリース」で契約してみてはいかがでしょうか。

契約期間満了後は車が必ずもらえる

全ての車種が残価設定なしのカーリースとなっています。

契約終了時に必ず車をもらうことができます。

月々お得に新車を使えて、契約終了時には必ずもらうことができるとてもお得なカーリースです。

納車が早い

他社カーリースでは新車カーリースの場合、最低でも2〜3ヶ月ほど手元に車がくるまで時間がかかります。

しかし、「MOTA(モータ)カーリース」では、最短1ヶ月で納車できる車種があります。

もちろん車種ごとに納車までの期間は異なりますが、早く手元に車が欲しい人にとっては大きなメリットになります。

リース契約中でも車をカスタムできる

「MOTA(モータ)カーリース」は、カーリースした車を自由にカスタムすることができます。

他社カーリースでは、契約終了後に車を返却します。

残価設定で車を下取りに出すので純正の状態でないと値段が落ちてしまうためです。

「MOTA(モータ)カーリース」では、契約した車を返却せず、そのまま貰えるので、残価設定の下取りをする必要がないのでカスタムやドレスアップしていても全く問題ありません。

新車購入時に付けられるディーラーオプションなどにも対応しているので、カーリースでも自分好みの車に仕上げたいと思う方にはおすすめです。

【MOTA(モータ)カーリース】デメリット

「MOTA(モータ)カーリース」のデメリットについてもいくつか紹介しておきます。

  • 契約期間が最短5年〜しか選択できない
  • 途中解約ができない

一つずつ解説していきます。

契約期間が最短5年〜しか選択できない

「MOTA(モータ)カーリース」では短期契約のプランを設けていません。

契約期間は最短で5年〜で、5年未満のリース契約をすることができないので、短期での利用を考えている方は他社カーリースを検討してみてください。

短期のカーリース契約ならこちらの記事も参考にしてみてください。

途中解約ができない

カーリースでは基本的に途中解約を不可としている会社がほとんどです。

他社と同じように「MOTA(モータ)カーリース」でも途中解約ができないので、仕事の都合などで車を手放さなければならない可能性がある方はよく検討した方が良いかもしれません。

【MOTA(モータ)カーリース】利用者の評判は?口コミまとめ

実際の利用者の声を集めてみました。

MOTA(モータ)カーリースは契約終了後は必ず自分のものになるところはとても良かった。

契約中にカスタムできる点も、他社カーリースにはないメリットかなと思います。

走行距離の制限がないところが決め手です。

他社カーリースは、走行距離の制限があって結局思うように車を使えないという話も聞くので。。。

契約期間が長いので、生活スタイルに合わせて車を買い替えたりできない。

月々の費用は抑えられるけど、途中解約もできないので身動きが取れなくなってしまう。

車検や税金など維持費が定額になるメリットはあるけど、本当に安く車を利用したいなら

購入してしまった方が安上がりな気がする。

さまざまな意見がありましたが、あなたのライフスタイルにや、車をどう乗りたいかによって契約するカーリースサービスも変わってくると思います。

自分に一番あったサービスで契約できると良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました