【花束みたいな恋をした】話題の映画主題歌を徹底解説(エモすぎる歌詞に注目)

映画

こんにちはkoblogです。

今回は1月29日公開の映画「花束みたいな恋をした」の主題歌について紹介して行きます。

SNS上では既に話題を読んでいて、公開日にはTwitterでトレンド入りを果たしていました。

YouTubeや公式サイトの予告編で流れている(春の風を〜)というサビの歌い出しが頭に残って離れない

映画の中で流れていた主題歌が気になるけど誰の歌かわからない

こんな悩みを解決して行きます。

映画「花束みたいな恋をした」は、菅田将暉さん、有村架純さんW主演の5年間の甘くて切ない同棲生活を描いたラブストーリーとなっています。

たまたま終電を逃した二人が偶然出会い、恋に発展していくという現実世界でもありそうなストーリーで、10代、20代を中心にとても共感できる映画になっているそうです。

それでは映画のあらすじも含めて解説していきます。

主題歌はAwesome City Club「勿忘」

映画「花束みたいな恋をした」の主題歌に使われている曲はAwesome City Club「勿忘」である事が分かりました。

曲名の「勿忘」は「わすれな」と読むそうです。

僕は映画の予告で流れる「春の風を待つあの花のように」という歌詞が印象的でずっと頭に残っていました。

メロディも、エモい感じのメロディで中毒性のあるサビが特徴的な曲です。「勿忘」を歌っているAwesome City Clubは。2013年に結成しatagi、PORIN、モリシーの3人からなる男女混合のツインボーカルグループです。

2015年には初のアルバム「Awesome City Tracks」をリリースしメジャーデビュー、iTunesのチャートで1位を獲得しています。

そしてメジャーデビュー5年目となる2020年には2ndアルバム「Grow apart」をリリースしました。

また、映画「花束みたいな恋をした」では実在のバンドとして映画初出演も果たしています。メンバーのPORINはウェイトレス役で初演技に挑戦したという事でこちらの演技にも注目したいところですね。

Awesome City Club「勿忘(わすれな)」の歌詞がエモい

「勿忘」は、映画「花束みたいな恋をした」を鑑賞して感銘を受けたAwesome City Clubがその時感じた気持ちをそのまま書き下ろした曲だそうです。

映画とリンクする内容の歌詞と、男女ツインボーカルの楽曲構成がエモいさを感じる1曲になっています。

 

※2番のAメロより

願いが叶うのならふたりの世界また生きてみたい

あのキスから芽吹く日々

水色花びらはもう香りを忘れ

君への想い枯れていく

 

ここの歌詞は、劇中の二人の「本当は好きで離れたくないのに何故かうまくいかない」といったもどかしい思いを忠実に再現しているように感じました。

このように二人の切ない気持ちを再現したエモーショナルな歌詞が映画「花束みたいな恋をした」にぴったりあっているように感じました。

まだ映画を見ていない人も、街中で聞いて頭から離れない人も是非フルで聞いてほしい切ない一曲です。

映画「花束みたいな恋をした」あらすじ

 

「東京ラブストーリー」「いつかかの恋を思い出してきっと泣いてしまう」などの大ヒットドラマや映画を生み出してきた脚本家「坂本裕二」が菅田将暉、有村架純と共に打ち上げる共感度100%のラブストーリー。

東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会った山音麦(菅田将暉)と八谷絹(有村架純)。

好きな音楽や映画が嘘みたいに一緒で、あっという間に恋に落ちた麦と絹は、大学を卒業してフリーターをしながら同棲を始める。

近所にお気に入りのパン屋を見つけて、拾った猫に二人で名前をつけて、渋谷パルコが閉店しても、スマスマが最終回を迎えても、日々の現状維持を目標に二人は就職活動を続けるが……。

まばゆいほどの煌めきと、胸を締め付ける切なさに包まれた〈恋する月日のすべて〉を、唯一無二の言葉で紡ぐ忘れられない5年間。

──これはきっと、私たちの物語。 (映画「花束みたいな恋をした」公式 H Pより)

 

偶然、終電を逃した二人が恋に落ちるという現実世界でも起こり得る事から物語が始まっていくので、今まで恋をした事がある人なら誰でも共感できるような気持ちや思いが感じ取れる映画になっています。

菅田将暉さん、有村架純さんのファンならもちろん。素敵な人と出会って、嫌な事全部忘れるぐらいの恋をしたいなと思っているそこのあなたにもおすすめな映画だと思うので是非見てみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は映画「花束みたいな恋をした」の主題歌を紹介しました。

まだ映画を見ていないあなたは是非見てみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

他のドラマもサイト内で紹介しているのでよかったらみていって下さい。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました